VPSでWindowsをセキュアに使う

  • メール関連をVPSで運用する

    • メールは企業、個人問わず重要なコミュニケーションツールですが、メールサーバだけではなく、さまざまなソフトウエアを利用する必要が出ています。


      もっとも利用が増えているのがセキュリティ対策ソフトです。

      メールサーバはレンタル方式も選べますが、セキュリティソフトが設定されていなかったり、設定されていてもアカウント数で課金されることが多く費用対効果がそれほど高くないケースが多いです。そのため利用が増えているのがVPSサービスです。VPSサービスではメール関連のソフトウエアを自由にインストールできます。
      また、アカウント数も気にしなくてもよいことから企業での利用が特に増えています。



      VPSサービスではメールサーバは初期インストールされることが多く、サービスによってはPleskなどの管理ツールが搭載され、Web上でユーザ管理ができるようになっています。


      メールはテキストベースですが、添付ファイルのチェックが重要になっており、各セキュリティソフトが対応します。
      企業によっては添付ファイルをすべてカットする場合もあるようですが、多くの場合、セキュリティソフトを利用することになります。



      レンタルサーバではこのチェックがないことが多く、企業では特に問題となります。

      クライアント側でセキュリティソフトを導入することもできますが、費用対効果であったり、セキュリティを厳しくする意味でもメールサーバ側でチェックしたいと考える企業が増えており、自由にソフトが使えるVPSを効果的に利用してきています。

      産経ニュースが評判になっています。

  • 関連リンク