VPSでWindowsをセキュアに使う

  • VPSでWindowsをセキュアに使う

    • VPSサービスで増えてきているのがWindowsです。
      従来のVPSやレンタルサーバではWindowsはほとんどサービスされてこなかったのですが、ライセンス的にVPSなどのレンタル系サービスで利用できるようになったことで一気に利用できるサービスが増えています。

      VPSサービスでのWindowsはクライアント版ではなくサーバ版が提供されます。

      クライアント版との違いは利用者にはあまり感じられないと言われるほどデスクトップ環境はよくできています。

      また、利用できるソフトウエアもクライアント版とほぼ変わらないのもうれしいところです。


      ただし、グローバル環境で利用するにはセキュリティ面で不安だと言う方も多いようです。


      VPSサービスでのWindowsはセキュリティ面も考慮されています。

      知って大満足のBIGLOBEニュースの専門サイトのこちらです。

      サーバ版が提供されるのでクライアント版に比べて標準状態でセキュリティは強化されています。



      そのため、危ないサイトへのアクセスをしなければほぼ標準状態でも問題ありません。特に株式やFXなどのソフトウエアを利用するだけならリモートデスクトップを使う際のアカウントをしっかり管理しておけば問題なく利用できている方が多いです。

      レンタルサーバーのサイトが登場しました。

      また、サーバアプリケーションを利用する場合でもセキュアな設定が提供されることが多いので追加でセキュリティ設定をしなくてもよい場合が多いですが、不特定多数にサービスを提供するなら市販のセキュリティソフトを導入しておくと安心です。

  • 関連リンク

    • VPSはCPUからメモリ、ハードディスクと自由に決めてOSをインストールした状態で提供されます。そこには物理サーバでOSをインストールしてネットワークに繋いだ状態と同じであり、セキュリティ対策がほぼされていない状態であるので注意が必要です。...

    • メールは企業、個人問わず重要なコミュニケーションツールですが、メールサーバだけではなく、さまざまなソフトウエアを利用する必要が出ています。もっとも利用が増えているのがセキュリティ対策ソフトです。...